知財活用情報

さいしんコラボ産学官 ブラッシュアップ会開催

2017年7月19日

一般社団法人さいしんコラボ産学官(埼玉縣信用金庫)は、7月19日「知財を活用した商品アイデア創出事業」のブラッシュアップ会を開催した。

当事業は、大手企業等の開放特許に学生が商品アイデアを考案し、そのアイデアをさいしんコラボ産学官や埼玉縣信用金庫が県内の中小企業に紹介し事業化を図るものである。


当ブラッシュアップ会では、埼玉大学、芝浦工業大学、ものつくり大学、アルスコンピューター専門学校の4校7チームの学生によるアイデアの発表が行われ、さいしんコラボ産学官やコーディネーターなどからアドバイスを受けた。


現段階は、特許の選定とその特許を活用したアイデアの発表であり、今後アイデアを更にブラッシュアップして実際に中小企業が事業として活用できるレベルまで引き上げていく予定。


また、さいしんコラボ産学官も今回の発表を聞き、アイデアが実現できそうな企業を選定し、学生と一緒に企業訪問も行うとのこと。


次回は、中間発表会を10月に開催する。


「ものづくり」に関連する注目企業
  • 株式会社SOBAプロジェクト 株式会社SOBAプロジェクト

    誰でも簡単に使える事を目的に開発された純国産のクラウド型Web会議システムです。初費無料・最低利用期間1か月で...

  • ユニバーサルロボット ユニバーサルロボット

    当社は世界中のあらゆる規模の企業に、安全かつ柔軟性のある使いやすい6軸産業用ロボットアームを提供することに...

  • エヌビディア合同会社 エヌビディア合同会社

    車は人工知能 (AI)により見る、考える、学習するという能力をもち、無限のドライビング シナリオをナビゲートし...

  • 株式会社SP-Logic 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステ...

  • sid株式会社 Harehare事業部 sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。