箱をかぶせるだけの3Dスキャナ

  • 他の3Dスキャナとの違いはどんなところですか?
    本技術では、プロジェクタを箱上部に置き、箱内部の鏡に反射した情報から測定しています。本技術は、1つのプロジェクタで反射鏡を用いて3Dデータを起こすため、ターンテーブル方式に比べ精度面に課題はありますが、一方で本技術には、スキャン時間が短く、かぶせるだけでデータを取得できる手軽さがあります。
    実際の製品で使われていますか?
    弊社製品では利用していません。
    サンプルを見ることはできますか?
    試作品は既に処分していますが、イメージ(動画)を個別にお見せすることは可能です。お問合せ下さい。
    技術ライセンスサイトへのお問い合わせ
「ものづくり」に関連する注目企業
  • M&Mホールディングス株式会社

    お客様のご要望を具体化する企画、デザイン、キャラクタ制作などをご提案させていただきます。 必要に応じて、...

  • sid株式会社 Harehare事業部 sid株式会社 Harehare事業部

    素材の特性を活かし、通常は工事の手間や、手入れが大変な シャンデリアを、harehareの軽量でガラスを超える透明度...

  • 株式会社クレスコ 株式会社クレスコ

    クレスコは、創業からの実績を持つ3つのコア技術 ・ITインフラシステム構築技術 ・アプリケーション開発技術...

  • 株式会社髙橋電機工業所 株式会社髙橋電機工業所

    スピンスマッシャーは、カット野菜や果実類などの製造過程で排出される不要な生ごみを破砕、脱水することで、生...

  • シーズンソリューション株式会社 シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス...

ものづくりコラム
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。