日工フォーラム

交流電子負荷装置

交流電子負荷装置

既存シリーズを大幅リニューアル


計測技術研究所は既存シリーズを大幅にリニューアルした交流電子負荷装置「3270シリーズ」を発売した。リニューアルにあたり、定格電圧や容量、ユーザーインターフェースなどを見直している。また、従来品と比較して大幅なサイズダウンにより省スペースを実現し、ユーザーから要望が多かったマスタースレーブにも対応する。


1875Wからマスタースレーブにより単相/三相11.25kWまで容量が拡張できる。さらに、UPS評価などのAC整流負荷シミュレーションにも対応する。また、ラックパック型においては、単相・三相切り替えユニットを内蔵。三相交流負荷装置として標準品化している。


同製品は、本体単品とラックパック型で、それぞれ3モデルをラインアップ。各モデルで電流や電圧などの仕様が異なる。


<仕様>●ユーザーインターフェース:大型LCD/エンコーダー●負荷モード:CC、リニアCC、CR、CV、CP●容量:1.875~3.75kW3機種●マスタースレーブ:同機種3台まで。

お問い合わせ
■ 計測技術研究所 (川崎市幸区) TEL:044-223-7950

「ものづくり」に関連する注目企業
  • 株式会社クレスコ 株式会社クレスコ

    クレスコは、創業からの実績を持つ3つのコア技術 ・ITインフラシステム構築技術 ・アプリケーション開発技術...

  • 株式会社ディベロ

    弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界...

  • 株式会社横引シャッター 株式会社横引シャッター

    ・上から下へ上げ下げするシャッターではなく、駅の売店の様に横に引く【横引きシャッター】(電動・手動共) ...

  • 株式会社グラスフィア ジャパン 株式会社グラスフィア ジャパン

    グラスフィアジャパンは、監視カメラ・通信ネットワーク機器の、ファブレスメーカーです。 従来、こうした製品...

  • ジョイテック株式会社 ジョイテック株式会社

    普通のホワイトボードにマグネット対応タッチセンサーを取り付けると、普通のマーカーで板書した内容をデジタル...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。