日工フォーラム

トラブル究明のカメラシステム

トラブル究明のカメラシステム

■バージョンアップでトリガを強化


生産ラインや製造機械で発生するトラブルの原因を究明するためのイマジオムのカメラシステム「TargetWatcher(ターゲット・ウォッチャー)」がバージョンアップにより、カメラが写す映像を記録するのに必要な「トリガ」に関連する機能が強化された。


同製品は、ドライブレコーダーのようにトラブル時だけ映像を残す「トリガ撮影」、時間をさかのぼって映像を残す「遡及記録」、ハイスピードカメラのように速い動きを鮮明に記録する「高速撮影」、防犯カメラのように複数の視点から撮影して死角をなくす「多カメラ撮影」といった機能・特徴をあわせ持っている。記録されたトラブルは、再発防止策の検討材料に役立つ。


バージョンアップで追加された「PLCトリガ」は、PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)を利用するトリガ。本体であるパソコンとPLCをLANケーブルで接続するだけで、「TargetWatcher」にトラブルの発生を知らせることができる。そのほか、「アナログ信号トリガ」や「音声トリガ」が追加された。

お問い合わせ
■ イマジオム (茨城県日立市) TEL:0294-28-0147

「ものづくり」に関連する注目企業
  • 三甲株式会社 三甲株式会社

    運搬に利用される大型のものから、工事現場などでも利用される安全保安用具、一般家庭で利用されるプランターな...

  • 株式会社 IPパートナーズ

  • 株式会社ティル 株式会社ティル

    当社は営業のいないデザイン会社です。デザイナーが直接ヒアリングし制作いたします。なぜ、営業がいないか?そ...

  • 株式会社ダズル 株式会社ダズル

    ゲームをはじめとするVRプロダクト運用のPDCAサイクルの循環をサポートする、デベロッパー企業向けツールです。 ht...

  • (有)ブリッヂコーポレーション (有)ブリッヂコーポレーション

    顔の側面の頬骨に乗せて装着出来、メガネフレームのフロント部が鼻に当たらず浮いているので、鼻まわりの化粧が...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。