ハンガーを利用した非接触給電

  • 電力の上限は?
    特になし、実験時は最大で3000Wを試して可能であった。(3000Wが可能であれば思いつく範囲の電気製品はほぼ可動します)容量の上限は高周波電源の装置をどのレベルのものにするかで変わってき、高周波電源の装置のレベルに合わせて価格も変わってくる。
    15年前の同時は最大の3000Wを可能にする高周波電源の装置は100万円ほどの価格であったが、今のiPhone8のワイヤレス充電なども同じ機構を使用しているはずで現在はかなり価格は下がっていると思われる。容量の上限値にあわせて高周波電源の装置のコストを試算するのがよい。
    50W未満で可能であればそれに設定すれば電波法上の申請も不要なのでより装置として拡販がしやすいと思われます。つまり、瞬間の最大電力が少ないようなものがより親和性が高く、充電等の活用に関しては少しずつを蓄積させるので低い電力で可能なので親和性が非常に高いと言える。
    最大電圧は?
    非接触給電については定電流制御となるので、電圧というよりは電力ベースで考えたほうがいい。
    待機電力は?
    通常の電化製品と同様でオンにしているとかかってしまう。そのため、引っ掛けた時に作動するセンサのようなものと組み合わせるとより低コストで活用できる。
    熱は発生する?
    熱=非接触給電の際の電力損失と言えるが、基本的には電力損失があまり発生しないので問題ない。電力損失についてはハンガーバーとハンガーのフックとの距離による。
    人体に危険は?
    iPhone8のワイヤレス充電なども同じ方法論なので基本的には問題なし。ただし、50W以上の電力で設定するならば電波法上の申請が必要。
「ものづくり」に関連する注目企業
  • 株式会社クレスコ 株式会社クレスコ

    クレスコは、創業からの実績を持つ3つのコア技術 ・ITインフラシステム構築技術 ・アプリケーション開発技術...

  • ウォーターポイント株式会社

    ・水の自動販売機事業 ・宅配水事業 ・水の専門店事業 ・ペット事業 ・プラント設備事業

  • 株式会社ティル 株式会社ティル

    当社は営業のいないデザイン会社です。デザイナーが直接ヒアリングし制作いたします。なぜ、営業がいないか?そ...

  • 株式会社アポロクリエイト 株式会社アポロクリエイト

    株式会社アポロクリエイトでは2010年より「Photo Automation」推進企業として、撮影・編集業務の標準化効率化システム...

  • シーズンソリューション株式会社 シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。