日工フォーラム

作業管理システム

作業管理システム

作業履歴を記録・管理・分析


京都機械工具は、製造現場や工場のインフラ整備などでの安全に対する社会的要求や、作業の効率化に応えるため「TRASAS」シリーズを発売した。


同シリーズは、工具や測定具にセンシングの要素を取り込み、その測定値をデバイスに送信できるシステム。作業の履歴を自動的に記録・管理・分析できる。


ハードウエアである測定具、作業支援デバイス、システムソフトウエアで構成され、測定具で測定したデータを無線でシステムソフトウエアへ転送。スマートグラスでのトルク値確認、RFIDタグ付きボルトの使用による締結ボルトの自動認識など多様なIoT技術を用い、安全・確実な作業管理を実現する。


製品のひとつ、「TRASAS for AUTO」はトルク管理を含むトレーサビリティシステムで、自動車整備に特化している。従来はトルク値やタイヤの溝、ブレーキパッドの残量といった測定値を手書きで記録し、パソコンに入力するのが一般的だったが、「TRASAS for AUTO」はそれらの作業を自動化。データの信頼性を向上させるとともに、作業の効率化に貢献する。

お問い合わせ
■ 京都機械工具 (京都府久世郡) TEL:0774-46-4159

「ものづくり」に関連する注目企業
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。