日工フォーラム

周波数変調電磁場水処理装置

周波数変調電磁場水処理装置

配管内のスケールを除去・防止


ビー・テップの水処理装置「スケールウォッチャー」は、薬品処理に替わる信号処理技術を採用している。


同製品は、市水、井水、河川水、海水など冷却水系のスケールを除去するだけでなく付着も防止する。既存の配管を切断することなくパイプの外側に簡単に設置できるため、作業効率も改善される。


また、固着スケールが軟化剥離されるため、メンテナンス作業が大幅に改善される。水の導電率が上がることもないため、水の使用量も大幅に削減され経済的。「スケールウォッチャー」導入後のランニングコストは電気代(100W前後)のみ。


同製品は4シリーズをラインアップする。軽工業用モデル「IEシリーズ」や重工業用モデル「INDシリーズ」、高出力重工業モデル「SE・LEシリーズ」、超高出力重工業モデル「HIME」シリーズを揃え、導入設備や環境に応じた様々なシチュエーションで効果を発揮する。


用途はクーリングタワー、コンプレッサー、チラー、熱交換器、空調機、温調器、排煙脱硫装置など。

お問い合わせ
■ ビー・テップ (群馬県太田市) TEL:0276-30-4313

「ものづくり」に関連する注目企業
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。