日工フォーラム

交流電子負荷装置

交流電子負荷装置

既存シリーズを大幅リニューアル


計測技術研究所は既存シリーズを大幅にリニューアルした交流電子負荷装置「3270シリーズ」を発売した。リニューアルにあたり、定格電圧や容量、ユーザーインターフェースなどを見直している。また、従来品と比較して大幅なサイズダウンにより省スペースを実現し、ユーザーから要望が多かったマスタースレーブにも対応する。


1875Wからマスタースレーブにより単相/三相11.25kWまで容量が拡張できる。さらに、UPS評価などのAC整流負荷シミュレーションにも対応する。また、ラックパック型においては、単相・三相切り替えユニットを内蔵。三相交流負荷装置として標準品化している。


同製品は、本体単品とラックパック型で、それぞれ3モデルをラインアップ。各モデルで電流や電圧などの仕様が異なる。


<仕様>●ユーザーインターフェース:大型LCD/エンコーダー●負荷モード:CC、リニアCC、CR、CV、CP●容量:1.875~3.75kW3機種●マスタースレーブ:同機種3台まで。

お問い合わせ
■ 計測技術研究所 (川崎市幸区) TEL:044-223-7950

「ものづくり」に関連する注目企業
  • 株式会社グラスフィア ジャパン 株式会社グラスフィア ジャパン

    グラスフィアジャパンは、監視カメラ・通信ネットワーク機器の、ファブレスメーカーです。 従来、こうした製品...

  • シーズンソリューション株式会社 シーズンソリューション株式会社

    生活雑貨や文房具など、約7,500品のノベルティグッズ用素材商品をお取扱いする卸販売サイトです。2008年のサービス...

  • 株式会社アポロクリエイト 株式会社アポロクリエイト

    株式会社アポロクリエイトでは2010年より「Photo Automation」推進企業として、撮影・編集業務の標準化効率化システム...

  • 株式会社ダズル 株式会社ダズル

    ゲームをはじめとするVRプロダクト運用のPDCAサイクルの循環をサポートする、デベロッパー企業向けツールです。 ht...

  • 株式会社ディベロ

    弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。