日工フォーラム

トラブル究明のカメラシステム

トラブル究明のカメラシステム

■バージョンアップでトリガを強化


生産ラインや製造機械で発生するトラブルの原因を究明するためのイマジオムのカメラシステム「TargetWatcher(ターゲット・ウォッチャー)」がバージョンアップにより、カメラが写す映像を記録するのに必要な「トリガ」に関連する機能が強化された。


同製品は、ドライブレコーダーのようにトラブル時だけ映像を残す「トリガ撮影」、時間をさかのぼって映像を残す「遡及記録」、ハイスピードカメラのように速い動きを鮮明に記録する「高速撮影」、防犯カメラのように複数の視点から撮影して死角をなくす「多カメラ撮影」といった機能・特徴をあわせ持っている。記録されたトラブルは、再発防止策の検討材料に役立つ。


バージョンアップで追加された「PLCトリガ」は、PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)を利用するトリガ。本体であるパソコンとPLCをLANケーブルで接続するだけで、「TargetWatcher」にトラブルの発生を知らせることができる。そのほか、「アナログ信号トリガ」や「音声トリガ」が追加された。

お問い合わせ
■ イマジオム (茨城県日立市) TEL:0294-28-0147

「ものづくり」に関連する注目企業
  • 株式会社ディベロ

    弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界...

  • 株式会社ダズル 株式会社ダズル

    ゲームをはじめとするVRプロダクト運用のPDCAサイクルの循環をサポートする、デベロッパー企業向けツールです。 ht...

  • 株式会社SP-Logic 株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステ...

  • ウォーターポイント株式会社

    ・水の自動販売機事業 ・宅配水事業 ・水の専門店事業 ・ペット事業 ・プラント設備事業

  • 株式会社クレスコ 株式会社クレスコ

    クレスコは、創業からの実績を持つ3つのコア技術 ・ITインフラシステム構築技術 ・アプリケーション開発技術...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。