日工フォーラム

ラチェットヒンジ

ラチェットヒンジ

抵抗機構で多段階で角度を保つ


スガツネ工業は、フリクション(抵抗)機能付きのラチェットヒンジ「HG-RCT12-C」を発売した。通常のラチェット機構は、解除時に抵抗が無いため、手を添えて動作を行う必要があった。同製品は、フリクション機構を搭載することで、その問題を解決する。取り付けは、少量からでも使いやすいヒンジ型で、L字ブラケット、ネジ取り付けを採用した。


用途は、タッチパネル、キーボード、演台などの負荷のかかる角度調整部に適している。


ラチェット域は0~90°、5°刻みで角度を保持し、90°以上になると解除される仕組みを採用している。また、解除後もフリクション機能が働く(108°)。下がりきったあとに、持ち上げれば、再びラチェット機能が働く。

お問い合わせ
■ スガツネ工業 (東京都千代田区) TEL: 03-3851-1122

「ものづくり」に関連する注目企業
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。