日工フォーラム

熱伝導率チェッカー

熱伝導率チェッカー

幅広い領域材料に対応可能


英弘精機は、熱伝導率チェッカー「QuickΛ(ラムダ) HC-10」を販売した。同製品は、熱伝導率の既知物質でキャリブレーションした検定曲線を用いることで、熱伝導率の低い保温材(~0.03W/m・k)から、熱伝導率の高い金属(ステンレス約15W/m・k)までの幅広い領域材料に対し、熱伝導率の計測・評価が簡便に行える。


B5サイズの小型本体にCPUを搭載し、大画面ディスプレーにより測定値を直接表示することができる。本体には、99個の計測データと20個の検定曲線をメモリ記憶でき、現場での測定の後、パソコンにデータを吸い上げることが可能。


測定原理は、センサ表面を測定対象物の上に乗せ、表面ヒーターに電流を流し、センサ面の温度上昇を示差熱電対で計測。この上昇温度からあらかじめ検定した関係式を用い、熱伝導率を自動計算する。測定の手順は、ディスプレーに表示され、指示に従い操作することで誰にでも容易に操作することができる。測定の所要時間は、わずか1分。測定再現性は±5%以内。

お問い合わせ
■ 英弘精機 (東京都渋谷区) TEL:03-3469-6711

「ものづくり」に関連する注目企業
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。