日工フォーラム

近赤外線HDカメラ

近赤外線HDカメラ

超近赤外線HDカメラ「CYB-1300SA」は、新ICG(インドシアニングリーン)蛍光造影法を用い、血管を初めとする生体内組織を観察することができる。特徴は、(1)1/3インチCMOSイメージセンサ使用、感度は従来品の約10倍(2)カメラ最低照度は0.05Lux、近赤外光領域感度波長が1300nmまで到達(3)1280×1024、1.3Mpixel(4)電子ズーム1.0~8.0(5)使用温度は-20~+50℃。

お問い合わせ
■ サイ・アイ (東京都江東区) TEL:03-3635-2891

「ものづくり」 に関連する注目企業
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ