日工フォーラム

トルクセンサ

トルクセンサ

温度特性など既存製品の精度改善


「トルクセンサ T12HP」は、既存製品の精度を温度特性/非直線性/寄生応力の3項目にわたり大きく改善。100N・m~10kN・mの広い計測範囲で保証する。定格温度範囲内での使用における10Kあたりの温度影響は0.005%。ヒステリシスを含む非直線性は0.007%。また、寄生応力の影響(クロストーク)を低減する。


近年、設計の高度化によりテスト項目や時間は増加傾向にあり、段取りにかかる時間はできるだけ減らしたいというユーザーも少なくない。同製品は、こうしたニーズに応え、センサの切り換えなしに、1台で見たい範囲の信号を細密な生データとして取得できる。市場の同等品のように、アンプやソフトウエア側で計測データを後処理する必要がないため、演算や分析の精度も格段に向上。とくに計測範囲を変えてテストを行うギアボックス試験やブレーキテスト、また細密なデータ分析を要する効率/損失評価などでは、工数、精度の両面でメリットを生む。


公称(定格)回転速度は1万~1万8000rpm、広範な計測周波数範囲は6kHz(-3dB)。

お問い合わせ
■ スペクトリスHBM事業部 (東京都千代田区) TEL:03-6810-3504

「ものづくり」に関連する注目企業
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)
  • 現在、開催予定はありません。

一覧へ

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会

ビジネス著作権検定合格講座

二代目社長育成講座